ブログの書き方に気づいた話

ブログの書き方に気づいた話

通勤中に気づいた真理

 

 

活字中毒の病床からこんにちは!

 

本当に寝てはいないんですがお元気ですか?

 

 

今年に入ってから通勤時間がほぼ1時間になりまして、通勤中にいろんなことを考えています。

 

マーケティングについてつらつらと考えているときひらめきました。

広告
sponsored link

 

マーケティングとは物を売る事です。

では物を売る手順を箇条書きにしてみましょう。

 

  • 顧客に質問し今何が問題かを知る、もしくはこちらからこんな問題があるんじゃないか?と聞く。

 

  • その解決策として商品を提示する

 

  • 購入してもらう。

 

  • アフターフォローして次につなげる。

 

これって実はブログでもYoutubeでもSNSでも、皆さんの時間をいただける価値のあるもの(アクセスの伸びるもの)全てが当てはまるんですよね。

もっと要約するとこうです。

  1. 問題提起
  2. 解決策を提示
  3. アフターフォロー

 

ブログだとまんまです。

検索エンジンやニュースで問題を調べる。

持ち前の知識や検索で得た解決策を紹介する。

リンクや注意点を記述する。

ね?一緒です。

 

Youtubeだと多少は多様化しますが、見てもらうことが目的なのですから、見てもらえるような動画を作ろうとします。

これが問題提起にあたります。

 

そして実際に作って公開することによって、またはストーリーを見せることによって解決策を提示している。

 

動画の最後でチャンネル登録を呼びかけますよね?あれこそアフターフォローです。

 

こうやって、人を集める全てのコンテンツの基本は問題提起からの解決策提示にあると言っても過言ではないと気づいてしまいました。

 

人を集めるってことは皆から少しづつ時間を貰ってるってことですからね。

その時間を企業が広告という魔法でお金に変換してくれるわけです。

広告
sponsored link

 

つまりほとんどの価値あるものやマーケティングはこの手法によってのみ成立しているんじゃないか。

 

 

私にも思い当たるフシがあります。

わりと最近ですが、公衆電話というブラウザゲームが小バズりしました。

 

それを知り合いから聞いた私は早速プレイし、すぐに攻略記事としてアップしました。

これが伸びまして、現在でも少しづつアクセスが増えて現時点で累計1500ビューを超えています。

 

この記事を書くときは特に気にもせずこんな思考回路でした。

 

  1. 新しいゲームだから困ったら検索する人が多いだろう(問題提起)
  2. 攻略してすぐに記事を上げれば検索上位にくるかな(解決策提示)
  3. ちょっと注意点とかも書いて、他の記事にもリンクしとこうかな(アフターフォロー)

 

まんま当たってます

 

 

 

こんなふうにメソッドがわかっていればネタ探しもはかどるのではないでしょうか。

 

日々のネタ探しの中で解決策を提示しやすい問題を逆引きで探してやるという方法もあります。

昔手を出した分野だったり、興味のある分野であれば解決策を探すのも楽ですものね。

 

 

 

この記事がブログ更新に悩む同志の力になれればうれしいです。

 

 

 

私も腐らずあきらめず頑張って記事を書いていきたいと思っています。

 

 

 

 

役に立ったり面白かったブックマークをどうぞ。

 

 

 

では。

 

 

 

 

個人的な話カテゴリの最新記事