恥ずかしながら今日のお題に乗ってみる 2(はてぶ記事)

NO IMAGE

今日も思い立って書く故郷。

こんにちは。

 

前回は故郷を出るところでしたね。

そこから先のふるさとをどうぞ。

広告
sponsored link

 

専門学校に行くために高校卒業と同時に地元を離れ、

大阪にて生活することに決めた私。

 

母はあれこれと世話を焼いてくれましたが、

確かに寂しそうでした。

 

在学中は長期休みにはかならず帰省していました。

帰ってすぐは優しくなれるのですが、少し長期滞在すると、

ソリの合わない姉と喧嘩ばかりになるため

滞在期間は短めです。

ですが、未だにこの帰省するという行為はよく夢のシーンに出ます。

 

なんででしょうね?そんなに楽しかった記憶でもない気がしてるんですが、

未だによく見ます。

 

長期休みと必ずくっついていたのでモラトリアムの象徴にでも

なっちゃってるのかも知れません。

 

専門学校の制服のまま、ゲ〇臭い駅前のコンクリ柱に座り込んでだべったのは

よく覚えています。

f:id:vaper2080:20180830201806j:plain

 

卒業と同時にそのスジに就職しました。

広告
sponsored link

 

就職を喜んでくれた母。

しかし大器晩成型の私に職人世界の仕事はまだ早かったようで、

1年ほどで退職してしまいました。

 

そしてだいたい同じタイミングで当時の彼女とも別れ、

失意と無力感と孤独の三重苦の中「なにか命が輝くことがやりたい」と、

クsssっそ青い妄言をバイト先の倉庫の暗闇にツイートする毎日でした。

母にはなかなか退職したことを言えず、更に1年ほどした頃に

転職したと話しました。あの時のみじめさよ!

 

そんな失意の中でしたが、音楽はいつも傍にありました。

高校でベースを覚え、バンドをいくつか渡り歩いています。

そしてこのころにはギターにも手を出し、

私の作ったバンドを追放されるという屈辱も味わいました。

 

が、それもきっかけとなり、上京を決意します。

 

このころには母の会社の寮は相当ボロアパートの様相を呈していましたが、

母は何も気にせず我が家として暮らしておりました。

 

 

 

 

 

さて、ここからは色々と語るのに心苦しいことが沢山あり、

楽しい話ばかりとはいかないのでためらってしまいます。

 

勇気が出たら続きを書きたいと思います。

 

 

 

 

 

以上

 

 

また読みたいならブックマークをどうぞ。

 

 

 

 

 

 

 

個人的な話カテゴリの最新記事