派遣の人の話 変な癖の塊の理由は・・【答えが驚愕だった】

NO IMAGE

派遣大国日本からこんにちは。

日雇いって年金とか保険料とか割高なの知ってました?

 

私の仕事場には派遣さんがたくさんいます。

約8割派遣さんなんです。

広告
sponsored link

 

正社員を目指さずに派遣で居つづけるに理由は人それぞれあるようです。

 

そんな奇人の多い派遣さんの中で、ひときわ奇行の目立つN君。

 

人生で初めて出会ったよく聞くけどめずらしいアレ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

N君はいつもご飯を食べません。

 

曰く「食事に嫌悪感がある」「固形物を受け付けない」

なんと彼、完全食的なジュースをわざわざ通販して、

一日一本飲むだけなんだそうです。

 

でも酒は好きなんです。

毎晩日本酒で晩酌してへべれけになるまでアテ無しで飲むそうです。

 

 

 

N君は稼ぎが凄いんです。

曰く「貿易やってる親父の稼ぎを早く超えたいんです」

「アフィで3年目には超えました

「他にも沢山の企業から営業権を貰ってるので

飛び込み営業も儲かってます。

 

なんでそっち一本に絞らないか聞いたところ、

「一つに絞るとどこかダメになったとき共倒れが怖いんで」

広告
sponsored link

危機管理も完璧です。

 

 

 

N君は夢があるんです。

曰く「世界中を回りたいんです」

「でも家族は心配するじゃないですか、

だから親父を安心させるのに親父の年収の半分を渡して旅に出たいんです

 

以下は会話形式で。

 

  • 私「私が親父だったらそんなことされたらイヤだけどね。

お金稼げるって知ってても心配は減らないと思うよ。」

 

  • N君「親父って感覚があんまりないんですよねー。」

 

  • 私「なによそれww」

 

  • N君「いやー、実は柔道で頭打って記憶喪失になりまして、

中3以前の記憶が無いんですよね。」

 

  • 私「マジで?ストーリーが無いの?」

 

  • N君「そうですね。柔道やってたとか、

そういう習慣化したものはやってみると

やってたのが実感できるって感じです。」

 

  • 私「そっか。じゃぁ親父には自分のケジメとして

義理を通したい感じなんだ。」

 

  • N君「そうですね」

 

会話終了

 

いやーーーーー・・・びっくりした

 

私の人生で記憶喪失の人と出会ったのはこれが初めてです。

 

でも本人とてもあっけらかんとしておりました。

アイデンティティ探しに世界中を旅したいそうです。

 

常識とか家族のつながりとか当たり前に自分の中心にあるものが

ある日ぽっかりと抜け落ちてしまった喪失感はいかほどのものでしょう。

 

友達の中に居て、N君がどうしても持てない感情

直視したこともきっとあったでしょう。

 

久しぶりに友達だったと言う人と会うと

全然違うね。」と言われるそうです。

 

もうN君にとって以前の自分は何一つ知らない他人なのです。

 

たとえばネットで自称記憶喪失者と話す機会があって

カミングアウトされても

「で、デターーーー。記憶喪失ヤツー!」とpgrするでしょう。

 

でも実際に目の前でさらっと言われると色々考えますよ。

そのセリフより、彼の気持ちとかそこからの道のりを想像して

愕然としました。

きっと必死で生きてきた結果極端な性格になって

大胆なまでの行動力が身についたのでしょう。

 

派遣さんと仲良くするのもいいものです。

 

沢山変な話が聞けますよ!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

以上

楽しめたならログインして下の「いいな!」ボタン

また読みたいならブックマークお願いします!

 

 

 

 

 

 

 

 

個人的な話カテゴリの最新記事