石川県に出張してたから折角なので写真撮ってきました

石川県に出張してたから折角なので写真撮ってきました

 

 

世界最長ロイヤルファミリーがおわす国日本からこんにちは!

 

今日はちょっと写真整理などしてたところ、見入ってしまいました。

ありませんか?写真整理してたら昔ばなししたくなること。

 

今まさにそれです。

広告
sponsored link

なぅですよ。

 

実は私仕事の出張で半年の間、石川県の小松に居たことがあるんですよ。

石川県にはいい思い出しかないですね。

 

食べるものはなんでもおいしい。特に日本海の幸が旨い事この上無かった。

ちょっとした地元チェーンみたいなお店でもそれなりにおいしいんです。

それなりのお値段はしますが。

仕事柄日本各地に住みましたが、石川に居た頃が一番食費がかかりましたね。

同時に一番遊びましたが。

 

遊びと言えば、出張の楽しみの一つにその土地の観光がありますよね。

これが楽しみで日本各地に行ってると言っても過言ではありません。

 

元々観光好きという自覚は無かったのですが、楽しみを探すと観光が一番取っかかりやすかったんです。

 

というワケで観光で撮りためた写真たちを少しご紹介させてください。

 

この日は砂浜を車で走れる「千里浜なぎさドライブウェイ」に向かいました。

その後に石川県一の都市、金沢に点在する武家屋敷跡を散策してます。

 

皆がドリフトするんでタイヤ跡が凄い

私もサイドブレーキをクイクイ引きながら走ってしまいました。

楽しかったです。

広告
sponsored link

 

 

知らないお兄さんたち

海にも表情があると思いませんか?

ここの海は「激しさを隠しきれてない淑女」みたいな表情だったような。

 

自称文系なんです。

 

 

 

 

海を堪能した後は最寄りの天下一品でラーメンを食べてから武家屋敷へ向かいました。

思い出しながら書いていると風景が浮かんで楽しいものですね。

 

 

時代村みたいな風景ですね。

すぐ近くに金沢城と有名な兼六園があります。

まさに城下町なワケですね。

 

そりゃぁ武家も競って家を建てたことでしょう。

こんなに近くに家を持てたのですから、どの家も名家で有力な立場にあった事がうかがえます。

 

加賀100万石ってご存知ですか?

織田信長に仕え、豊臣秀吉に下り佐々成政と戦った功績によって100万石を受領した前田利家によって栄えて藩を名乗り、代々続いた豊かで歴史ある藩としてこういう言い回しをします。

 

私がおいしい料理を食べた時に「さすが加賀100万石のおひざ元だね!」と言うと地元の方は皆大変喜んでくれました。誇りの一つなんでしょうね。

 

 

奥の山の上に金沢城があったと思います
普通に和服の女性が歩いています。見せ着物かもしれませんが。
ジジ・・・?

良い雰囲気で歩いていると美人の黒猫さんが先導してくれました。

 

 

猫さん猫さんどこに連れてってくれるんですか?
あ、ここでお別れですね。また会いましょう。
ナナメで申し訳ない。

この右手が少し太い川になってます。

ここで洗濯をし水をくんでいたんでしょう。

まさにライフラインだったはずなので、この辺が一番人気あったんじゃないでしょうか。

それを示すかのように細い路地ばかりになっていきます。

 

 

ね?逆から見たら川が見えましたね。
200年前には武士が歩いたんでしょうか
この辺の家は駐車場まで遠そうですよね

200年前と言えば江戸時代後期、異国の船がたびたび沖に現れては大騒ぎしていた時代ですね。

数年後には異国船打払令なんていう物騒な令が発せられ鎖国状態となります。

 

そこからなんやかんやと激動の時代を経ても前田家は一歩離れた土地でそれなりにうまく立ち回り繁栄を享受します。

 

明治4年には廃藩置県によって石川県となり、前田家は華族令により侯爵に任ぜられた。

というのがおおまかな加賀藩近代史というわけです。

 

ほんとうにいい土地ですよ。

見て楽しいところも多いです。

金沢駅からバスですこしの場所に片町と言う北陸一の繁華街もあります。

ニューハーフのショーパブが面白かったです。

 

他にも、私は小松に居たので福井県も近かったのですが、その福井県にある永平寺も大変興味深かったです。

静かでいて荘厳。そんな印象です。

 

能登半島も回り切れないほど見たいところがありました。

全部は回れなかったですが楽しい思い出ばかりです。

 

書いてたら行きたくなってきました。

いつか行きたいなぁ。

おすすめです石川。

 

 

今回ははこの辺で。

 

 

 

では。

 

写真カテゴリの最新記事