静岡県の外食

トップはやはり『さわやか』

 

 

口にするものなんでもうまいぞこんにちは!

 

実は私現在静岡県在住です。

もう14年くらい住んでいますので、静岡県発祥の、一般家庭が良く行くお店をご紹介します。

 

観光や出張で静岡県へいらっしゃる方は必見の記事となればうれしいです!

広告
sponsored link

 

 

 


一店目から目玉です。

 

さわやか

 

ここは全国的に有名になってしまった弊害か、土日は観光客で長蛇の列となってます。

 

最も混雑するさわやかは御殿場インター店との事です。

最東なので都心からの流入が集中する上に駅からも近い為、昼と夜のピーク時には2時間待ちが当たり前。

一般的にヒマな平日のピーク外でも30分待ちだそうですよ。

 

こちら以外であればピーク時でも1時間~30分待ちくらいが平均的かと思います。

雨でピークを外せば待ち時間0もあり得ます。

 

 

つい先週行ったので、超鉄板のげんこつハンバーグの写真貼っておきますね。

上の粒はコショウです。ミルがあるのでかけ放題
静岡人にはこの上ない飯テロ

自社工場で厳しい品質管理を受けた牛肉100%のハンバーグを店舗で表面焼き。

店員さんが鉄板に押し付けて焼いてくれて、その上から注文時に選んだソースをかけて召し上がれという流れです。

おすすめのソースはオリジナルオニオンソースです。

 

他のメニューのカレーもおいしいとの噂も聞いているのでいつか試したいと思いつつげんこつハンバーグを頼むということを繰り返していしまう旨さです。

 

混雑するのはおいしい証拠。

まずい店に列はできません。

 

静岡人のソウルフードの一つと言ってもいいでしょう。

広告
sponsored link

 

因みに、アンチさわやかBotなるものもツイッター上で存在しますが、待ち時間が嫌なだけで味は否定してないところにちょっとした愛を感じます。

 

 


 

 

お次は

五味八珍

 

 

中華といいつつ結構和風です

 

こちらのお店は静岡全体に点在するレストラン形式のお店です。

 

特徴は非常にリーズナブルなところ。

ランチであれば640円から食べることができます。

牛丼の特盛が630円ですのでほど同等で数品のランチがいただけます。

 

特に子供連れの来客を歓迎していて、店内にその旨も書いています。

折角なのでここでは書きません。

是非行ってみてください。

 

浜松餃子がおすすめですよ。

 

 


 

 

つづきまして

とろろや

よだれを呑み込んで貼るなぅ

 

こちらの店舗は浜松市と名古屋、日進市にしかありません。

 

 

こちらでのごはんは基本的に麦ごはんです。

最大の特徴はごはんのお替り自由なところ。

 

とろろとおかずが無くなるまで麦ごはんととろろを味わえるわけですよ。

 

滋味あふれる料理をつまみつつ手ですったとろろで麦ごはんをかきこむ快感はここで覚えました。

 

角煮ランチは絶品でおすすめです。

とろろ麦ごはんと豚のとろとろ角煮ですよ?想像しただけでヤバくないですか?

 

 

 


最後は、仙台から福岡まで広がりましたタルトケーキのお店。

 

キルフェボン

 

 

キルフェボンと言えばいちごのタルトですよね

 

 

静岡市の中心街で雑貨屋としてスタートし、お店の隅で始めたタルト作りが大ヒットして全国に拡大。

静岡のお菓子屋さんで最も成功したお店と言われます。

 

とにかく見た目が綺麗なのが特徴ですね。

そしてタルトへのこだわりと、旬の果物。

 

そして期待を裏切らない味が揃っていれば売れないはずがないんじゃないでしょうか。

 

地元民からしたら高価になりすぎた感はありますが、お祝いや差し入れに重宝されているように思います。

 

ちょっとしたお祝いや、印象付けたい差し入れに大いにおすすめします。

 

 


 

 

以上

楽しんでいただけたらブックマークをどうぞ。

 

 

今回はここまでとします

 

 

では

 

 

 

 

所感カテゴリの最新記事