漫画村管理者逮捕直前か

漫画村管理者逮捕直前か

いつかドラマ化されそうなドキュメントを解説

 

 

カバー装着前のXSをポケットに入れて車に乗り込んだ際に、ゴロンと落ちて隙間にゴトって落ちただけでちょっと精神的に凹んでますよこんにちは!

 

 

今回はしばらく聞かなかった単語が連発されます。

 

それは漫画村。

 

洗練されたとはとても言えないですが、多数の漫画をスキャンして公開するという、ある意味究極的な”人のふんどしで相撲を取る”サイトです。

広告
sponsored link

 

もしくは”みんなの力をオラに分けてくれ!”で俺ツエー状態と言いますか。

 

 

 

漫画村の概要

 

2016年に「登録不要で完全無料な」漫画サイトとして開設されました。

違法コピーされた書籍をインターネットブラウザ上で誰でも無料で読むことができ、漫画の他に、雑誌、小説、写真集の海賊版を掲載していました。

 

2017年から口コミで利用者が急激に伸び、2018年1月にはWebサイト分析ツール「SimilarWeb」の調べで月間利用者数が約9892万人、日本国内のサイトランキングではlivedoorなどの大手サイトを超え31位となり、その影響規模の大きさから社会問題として話題になり始めました。

 

 

問題提起と後の空白の期間

 

漫画家さん達が声を上げ始め、排斥に向けての大きな流れができました。

 

連日の報道、抗議の流れに政府も重い腰を上げます。

しかし、利用を中止させたいのですがこの段階では管理者の特定にはいたらず、誰を訴えればいいのかもわからない状態なので、政府はブロッキングして日本では閲覧できないようにしてしまおうとしたんです。

 

この対応は各関係者に激しい議論を巻き起こしました。

情報法制研究所からも”法で禁止される情報の検閲である”と緊急提言がありました。

この情報法制研究所とは、インターネットでの法制を研究する民間機関で、大学教授や他研究所の主任部員、LINE執行役員などで構成されるそれなりに権威ある機関のようです。

他にもNTTがこのブロッキングを認めたことで多数の抗議や訴訟を受けました。

 

 

結果ブロッキングは行われました。

 

現在も日本国内からは漫画村を閲覧できない状態が続いています。

 

サイト自体は存在しており海外プロキシやVPNで見ることはできるそうです。

 

他の情報として、ツイッターで公式とされている”らりっくま@新漫画村【公式】”なるアカウントは公式ではないとの情報がありました。

 

 

これにて一旦事態は沈静化します。

広告
sponsored link

見れなくなったのだから話題にはなりませんもの。

報道も行われず、閲覧者も熱中して見ていた記憶だけがたまに浮上するだけといった空白の期間の始まりです。

 

管理者は上手に海外サーバや弾丸サービスなどを使用しまだ特定には至っていません。

 

一番の首謀者はまだ黒幕の向こうでほくそ笑んでいるワケですね。

ここはダメになったが稼がせてもらったと。

 

 

痛み分けにて終息に向かうかと思いきや。

 

 

 

この空白の期間に動き続けていた人達がいたんですね。

 

 

弁護士と数人の作家などの有志です。

 

 

 

 

弁護士と有志の戦い

 

彼らはそれぞれなんとかして管理者を特定しようとしました。

 

IPを調べたり、サーバ利用者の開示情報と(利用者は開示する義務があります)漫画村のサイトをくまなく調べて照らし合わせたり。

関係がありそうなアカウントを監視したりしてたみたいですね。

 

そこで海外に強い弁護士の一人 山本貴司 弁護士の働きがブレイクスルーに至ります。

 

漫画村の運営をしていた可能性の高い人物が2017年5月にクラウドフレア社と契約しており、証拠開示手続き(ディスカバリー)を行い、クラウドフレア社から漫画村に対する課金関係の資料を取り寄せ、漫画村運営者の特定を試みたのだそうです。

しかもアメリカの法廷でです。

 

 

時系列にてまとめを紹介します。

 

・6月12日、アメリカで民事訴訟を提訴
・同月15日、裁判所がクラウドフレア社に対し課金関係資料の提出を求める罰則付召喚令状(Subpoena=サピーナ)を送付
・同月29日、クラウドフレア社から資料が届く。より詳細な情報が必要であればPayPal子会社に召喚令状を送るようにとの記載あり
・7月10日、PayPal子会社に対し、資料の提出を求める召喚令状を送付
・同月16日、PayPal子会社からの資料が届く
・8月28日、民事訴訟を取り下げ(いずれも現地時間)

 

 

この一連の流れから、

クラウドフレア社とPayPal子会社は白旗を上げて情報を開示し、以下のことが判明したそうです。

 

  • サーバー契約者の氏名(ローマ字)
  • 住所
  • メールアドレス
  • 携帯電話番号
  • IPアドレス
  • サーバーレンタル代

 

これにて身元の特定に至ったとされています。

 

 

 

逮捕目前か

 

漫画村を作ったとされる人物はアフェリエイト界では著名な人物であるとか、いくつもの会社を持つ実業家であるとか噂されており顔写真までアップされていますが、当サイトでは紹介しません。

 

名前と顔写真まで堂々とアップして”間違いでした”はあり得ないと思いますのでご容赦ください。

 

ここまでの情報が近日急浮上してきた、逆に考えると公開されたということは準備万端なのか、動揺を誘っているかのどちらかでしょう。

 

出版社や作家さん達の怒りを考えるとどちらもありそうで、うすら寒い気持ちになりますね。

 

 

もし逮捕に至れば保釈金も賠償金もとんでもない額になるのは確実です。

被害者の数が膨大ですからね。

 

しかし前述の山本弁護士、去年にも成人向け漫画の海賊サイトに賠償金はらわせてそれを漫画家に分配するという流れを実現した猛者。

こういった案件はお手の物。

 

管理者とされる人物はサーバーも本人も海外だろうと噂されてきましたが、調べでは本人は日本に居るそうです。

だとすれば正に逮捕の瞬間を待つだけの可能性がありますね。

 

 

私個人の考えは、基本的に検閲はNO。

ただし今回のように違法性が高く被害者が多いならしょうがないかなと。

抗議者の声も組んで、逮捕後は削除させてからブロッキングを解除して緊急措置だったことを国民に知らせるべきだと思います。

 

そうしてやっとこの件が一件落着となる気がします。

 

そうなると良いですね。

 

でもこの管理者みたいな人は逮捕歴とか関係なく出所してから海外ででもお金稼ぎそうでモヤりますね。

 

 

 

今回はここまでにします。

 

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

 

ニュース速報カテゴリの最新記事