検査不正 議員の謝罪会見 アスリートの不倫

検査不正 議員の謝罪会見 アスリートの不倫

 

 

雨の朝ですねこんにちは!

 

夜勤仕事の初日というのは非常に眠いワケです。

4時頃に昼食を食べたりすると6時くらいまではラオウ級の睡魔との戦いに明け暮れることになります。

 

そんなラオウも朝日を浴びると去っていくのは夜勤あるあるだと思うのです。

広告
sponsored link

 

 

私事でした。

 

それでは今日の記事いってみましょうか。

 


スバル、急成長のひずみ 自浄能力働かず、また検査不正

 

最近検査工程の改ざんとか不正が多すぎませんか。

車業界しかり、免振装置しかり。

 

今回はブレーキ検査の不正で10万台の追加リコールとのことです。

 

検査工程というのは基本あおられないので、ライン工程からは”お前らの仕事は楽で良いよな”と思われがちです。

 

焦って仕事して不具合を見逃したりしたら検査の意義がないですからね。

 

できるだけ落ち着いて仕事することが求められる仕事と言えます。

建前ですが。

 

実際には出荷直前の検査なんかを不具合発見して保留するのは難しいです。

契約違反で損失が発生する事案で、検査員の一存で決められる範疇を超えているのですから。

 

 

そんな検査ですが、不具合を発見して報告することによって追加の検査が発生したり、合格の報告を求める圧力を強く感じるものです。

 

報告によって自分は苦しくなり、周囲も合格を求めている。

こんな状況で長く勤めているとそりゃぁあえて見逃すようになります。

 

不具合を発見する仕事であることをいつしか忘れ、検査という仕事ではなく、会社員として働くようになってしまいます。

 

これを防ぐには色んな方法があると思いますが、少なくとも不具合の発見を裏表なく歓迎し奨励することが必須だと思います。

広告
sponsored link

褒賞を与えて良いとすら思います。

そこまでやらないと検査不正はなくならない。

 

そのように私は現場で感じていますね。

 

日本が誇る車産業、今は少し落ち込んでいますが必ず再生するでしょう。

その時はぜひそんな方向で改革して欲しいものです。

 

 


青森市議当選者・山崎翔一氏、差別的ツイートで任期前“初仕事”が謝罪会見

 

青森市議に初当選したばかりの山崎氏。10月28日の投開票日に2124票を得て、定数35人中28番目で当選した。その直後に匿名アカウントでの投稿が次々と明るみに出た。

 

 問題とされた投稿は、今年8月下旬からの4回。「片腕落として障害者雇用」「おかまの物乞い」などの差別的な表現を投稿したのに続き、投開票日にも「年金暮らしジジイを舐めすぎ 平日の役所窓口で罵声叫んでるのだいたい爺さん」とつぶやいた。

 

中々ゆかいな方ですね。

 

まだ議員じゃないのに、議員としての初仕事が謝罪会見を開く大物ぶり。

しかもちょっぴり不貞腐れている所も香ばしい。

 

これでへこたれなければ面白い議員になる気がします。

青森の有権者の皆様は大事に育てて上げてくださいね。

 

最近の議員さんって面白い人減りましたよね。

山本太郎氏はある意味楽しめますが、遊び心が足りない気がするんです。

 

ハマコーこと浜田幸一氏なんかは楽しかったですよね。

ああいったエンターティナーな議員さんが一人くらいいても良い気がするんです。

 

山崎翔一氏が第2のハマコーに育つことを期待せずにはいられません。

 

 


岩崎恭子、“カツラ変装”不倫&白昼キス報道

 

『今まで生きてきたなかで、一番幸せです』

この言葉をリアルタイムで聞きました。

 

最近色気のある大人になったなぁと思ったら不倫ですか。

 

アスリートというのは普段厳しく自分を律する必要があるのは容易に想像できます。

自堕落なトップアスリートなんて聞いたことないですもんね。

 

時間の使い方、トレーニングの効率化、食事と栄養素のマネジメントと、一般人がまったく注意しないところを常に計算してその通りに行動する。

それによってのみアスリート人生が成立するのでしょうね。

 

そしてその強烈な抑圧ゆえに、それを解放した時の爆発力はとても自分でブレーキがかけられないレベルなんじゃないでしょうか。

 

その快感と”こんなに頑張ってきたんだから少しくらい好きにしていいよね”というモラルライセンスの自己肯定。

 

これはもう動物的になってもしょうがない気がします。

 

失うリスクが恋を燃え上がらせるとも言います。

 

一般人ならせいぜい仕事や家庭を失うけれど、そこまで落ちれば引っ越して誰も知らない土地で再起をかけることも難しくないでしょう。

 

彼女のように、清楚なイメージやテレビや講演、コーチ業など、メダリストの認知によって獲得した仕事もすべて失うかもしれないリスク。

 

そんな物凄いリスクと釣り合うくらい不倫が楽しかったってことなんでしょうね。

 

ギャンブルすら怖い、怖がりの私にはまったくもって理解しかねる行いですが、その情熱だけは認めたいと思います。

 

 


 

夜勤明けに年末調整の書類書いてブログ書いて風呂入ってってしてると時間が物凄く貴重であることを実感できます。

 

基本怠け者なのでもう少しゆっくりしたい気持ちでいっぱいです。

ゆっくりする時間はもったいないと思わない不思議。

 

 

さて今回はここまでにしましょう。

 

 

 

では。

 

 

 

 

ニュース速報カテゴリの最新記事