本田翼、大物YouTuberとのゲーム実況が大荒れ

本田翼、大物YouTuberとのゲーム実況が大荒れ

 

明日で仕事納めですよこんにちは!

 

いよいよ大型連休が目前となりました。

 

棚卸しやら掃除やらは大変ですが、連休が目の前にあると思えば不思議と苦にならないです。

 

 

目の前のエサとして、連休に勝るものはないということでしょう。

広告
sponsored link

 

 

 


本田翼、大物YouTuberとのゲーム実況が大荒れ ファンの対立なぜ生まれた?

 

 

3連休、ゲーム実況界隈で最も話題となったのは、本田翼さんのライブ配信だろう。

それも、「兄者弟者」(あにじゃおとじゃ)という、ゲーム実況の中では随一の人気を誇るYouTuberユニットとのコラボ配信。

モデル・女優の本田翼さんが9月上旬にゲーム実況を行うYouTubeチャンネル「ほんだのばいく」を立ち上げ、同22日に初ライブ配信。 

(中略)

普段ドラマなどでしか知ることのなかった本田翼さんがゲームを楽しんで配信する様子は共感を呼び、ライブ配信ではリアルタイムで15万人を集めるほど大きな話題に。

それから1か月経たず、チャンネル登録者が100万人を達成するという、前人未到の快挙を成し遂げた。 

これまでに投稿した動画本数はわずか2本ながらどちらも200万再生を優に突破。

瞬く間に国内有数の人気YouTubeチャンネルに躍り出た。

(中略)

兄者弟者は、実の兄弟におついちさんを加えた3人でゲーム実況を行うユニット。2010年からYouTube上で活動し、すでに8年の実績を有する。

現在、チャンネル登録者数は239万人を超えている。この数字は2018年現在、国内ゲーム実況系YouTuberの中で文句なしのトップである。

抜群に安定感のある彼らのゲーム実況は、本田翼さんのコラボ相手には相応しいように思えた。

しかし、ライブ配信はその予想を裏切り、前回15万人を集めた際の和気あいあいとした配信が嘘だったかのように、コメント欄が荒れに荒れた。

「本田翼の声だけ聴きたい」「このおっさんたち誰だよ」と、コラボ動画を批判する声がどんどん増えていった。

(後略)

KAI-YOU NET

 

 

本田翼さんのチャンネル”ほんだのばいく”については以前にも記事で取り上げました。

 

記事内でも”上手にコラボしたりしてユーザーを楽しませてゲーム実況全体が活性化すれば素敵だと思います”と締めくくったのですが”上手”にはできなかった様子。

 

というのも、本田翼さんのチャンネルに飛びついたユーザーはゲーム実況のユーザーではなかったようなんです。

 

ゲーム実況は見ないけど本田翼の放送は見たいユーザーに対し、いくら実況界のレジェンド弟者さんとは言え、前情報無しのコラボは無茶だったのかもしれません。

 

もしくは本田翼さん自身が、自分のファンがゲーム実況ファンとは違うという認識が無かった可能性も高いと思います。

 

自身はゲーム実況者であるという想いで放送してるのだから、視聴者もゲーム実況を見に来ているという思い込みを持ってしまってもしょうがないのかも知れませんね。

 

実際には芸能人としての本田翼さんを視聴しにきてたようです。

 

 

 

芸能人としての翼さんを見に来てるのに、聞いたこともない渋い声の男が突如乱入してきたら不快になって何の不思議もありません。

 

今回の炎上に関して単独スレッドが立ち”『本田翼がオレと一緒にゲームしてくれてる』感が特定層の心を掴んだ”との意見があったとのこと。

 

 

そしてそこには、レジェンド弟者さんのファンも当然集まります。

 

というか弟者さんのファンのほうが多かったはずです。

弟者さんのチャンネル登録者数は倍以上ですもの。

 

 

有名芸能人である本田翼さんのファンであるユーザーは当然自分たちが大多数だろうという錯覚から集団心理によって尊大に弟者さんとそのユーザーを攻撃しだす。

 

実際には多数派である弟者さんの一部ユーザーからしたら、ゲーム実況の頂点とそのユーザーに対する態度なのかと怒り出してしまったワケですね。

 

しかし、弟者さんチャンネル側の視聴者は楽しそうにプレイしてるし翼さんも可愛い等、肯定的な意見が多数を占めたそう。

 

ユーザー憎んで人は憎まず。

広告
sponsored link

なんかいい話ダナー。

 

実況者本人さん達は和気あいあいとプレイしているのに、視聴者同士が荒れてしまうことってあるんですね。

 

 

 

 

今回は、女優でゲーム実況者であるという異色の形態の悪いところが出てしまった結果と言えるでしょう。

 

ですが、こういった類の軋轢は回数をこなすと自然淘汰されるでしょうから、本田翼さんにはどんどんコラボしていってほしいと思います。

 

”ほんだのばいく”は自身のファンとの交流の為に開設したワケではなく、ゲームの楽しさを多くの人に知ってもらいたいというのがコンセプトだとのインタビューを記憶しています。

 

であれば、ファンやチャンネルユーザーの意見などには意見されず、より多くの人が楽しめる放送をされることを期待しています。

 

もっとあけすけに言えば、チャンネルユーザーの増減にとらわれずゲームって楽しいと思える放送をされるのが本人も望まれている事と思うのです。

 

 

 

まとめとして、ファンは要求者になってはいけないんだなという感想を持ちました。

 

他人も楽しめるような意見を書き込むのは良いと思うのですが、個人が利する要求をしても聞き入れられるワケもなく、かえって空気を悪くする結果になるのは容易に理解できると思うのです。

 

 

アイドルもミュージシャンも、要求するものじゃなくてついていくものでしょう?

 

そして自由に活動する様を楽しむのがファンというものだと思います。

 

 

 

 

とはいっても、ゲーム実況者はワリと身近な存在に感じます。

 

テレビや雑誌で見ていた芸能人が、ちょっと見ないうちに身近なところに降りてきてくれたら、近づいてきてくれた気になって話しかけてしまうのも理解できます。

 

飲み会に本田翼さんが居たら誰だってなんとかして仲良くなりたいと思うでしょう。

 

ですが、自分の思い通りに動いてくれないからって不満をぶちまけるのは子供のすることです。

 

自分にはお酌をしてくれなかったといってキレても、誰も味方してくれないでしょう。

 

アウェーとホームを混同せず、自分の立ち位置を錯覚しないようにしたいものですね。

 

 

 

 


 

結局まだ年賀状が用意できていません。

 

痛恨の極みです。

 

明日記事を書いたら年賀状作りが急務であります。

 

というか車のキズ隠しもまだです。

 

GE3でバスターソードの素材集めに励んでる場合じゃないんですよ。

 

わかってるんです。

 

・・・・。

 

とりあえず風呂入って今年ラストの仕事に備えます。

 

 

今回はこの辺で。

 

 

 

では。

 

 

 

 

 

ニュース速報カテゴリの最新記事