レーダー照射問題の時系列とまとめ

レーダー照射問題の時系列とまとめ

 

 

長期連休最終日ですねこんにちは!

 

 

多くの人が仕事はじめに震えているであろう本日、いかがお過ごしでしょうか。

 

私はここ数日で荒れた部屋の片付けと、バッテリーものの充電、あとは仕事の制服と小物の確認ですかね。

 

いよいよ感ハンパじゃないです。

広告
sponsored link

 

 

 

 

レーダー照射問題の概略

加工されたサムネイル画像です

 

 

さて、そろそろ情報が出尽くしたであろうレーダー照射問題について、ここまでの流れとまとめを書きたいと思います。

 

まずは時系列から。

 

・12/20

 午後3時頃 能登半島沖(石川県の北端の半島。能登丼は美味)において、海上自衛隊のP-1哨戒機が韓国海軍の駆逐艦から数分間、複数回にわたり火器管制レーダーの照射を受けた。

現場は日本の排他的経済水域内で、竹島からは離れている。

防衛省の当該航空機は照射を受けた後、韓国側の艦船に無線で意図を問い合わせたが応答はなかった。

 

・12\21 

岩屋毅防衛大臣が記者会見を開き、事件の内容を明らかにしつつ「極めて危険な行為だ」と批判。

 

韓国側は「日本の海上哨戒機を追跡する目的でレーダーを運用した事実はない。」と反論。(北朝鮮籍船舶の救難信号を受け、救助活動の為に当該海域で活動中だったとの主張)

 

・12\22 

防衛省は分析を行い、当該照射が火器管制レーダーによるものと判断。

韓国も採択しているCUES(洋上で不慮の遭遇をした場合の行動基準)において、火器管制レーダーの照射は船舶又は航空機に遭遇した場合には控えるべき動作として挙げられていることをあげ、韓国側に再発防止を強く求めて行くことを発表。

 

韓国海軍は「火器管制用レーダーを作動させたことは事実だが、日本の哨戒機を狙う意図は全くなかった」と反論。

 

・12/23

 河野太郎外務大臣は直接的な批判を抑制し「日韓関係を前向きに進めるためにも政府一丸となった対応を(韓国側に)お願いしたい」と述べた。

 

韓国側は、「当時波が高く、気象条件が良くなく、駆逐艦のすべてのレーダーを総動員した。ナビゲーションレーダーが360度回転しながら撮影した信号が日本の哨戒機に検出された。」と説明。

更に、「当時、日本の哨戒機は韓国艦艇の上空を飛行するなど、むしろ日本の哨戒機が威嚇飛行を行った側だ。」と反論。

「我が軍は救助のため正常な作戦活動をしたのであり、日本側が威嚇と感じるようないかなる措置もしなかった。(日本籍P-1哨戒機の)映像撮影用の光学カメラを作動したら(韓国籍駆逐艦の)追跡レーダーが作動した。」との発言も。

 

・12/24

金杉憲治外務省アジア大洋州局長がソウルの大韓民国外交部を訪れ、強い遺憾の意を表するとともに、再発防止を強く求めた。

 

韓国政府は今までの説明から一転して、「レーダー照射を行った事実はない」として、日本が事実と異なる発表を行ったと主張。

広告
sponsored link

 

・12/28

17時12分、防衛省はP-1が撮影した当時の映像を公表。

 

・2019年 1/2

大韓民国国防部は、海自機が駆逐艦に「威嚇的な低空飛行」をしたとして謝罪を求める声明を発表。

 

・1/4

大韓民国国防部は、日本側が撮影し12/28日に公開した映像に英語やハングルで字幕を足し音楽を足すなど一部加工した、韓国側の主張を示した映像を公開。

映像内では、『わが海軍は、人道主義的な救援活動を正当に行っていたにも関わらず、海自機が駆逐艦に威嚇的な低空飛行を行った』等と主張した。

 

 


 

というように、韓国側の主張は2転3転してます。

 

  1. レーダー使ってない。
  2. 使ったけど狙ってない。
  3. たまたま当たっただけ。
  4. 悪いのは日本。
  5. 日本がカメラ使ったら勝手にレーダーが作動した。
  6. 日本の映像を加工したらほら日本が悪いように見えるでしょ?だから謝罪しろ。

 

 

んもうバカ。

 

 

最初のほうは混乱してるだろうからまだ分からなくもないのです。

日本でだって、情報が錯綜して発言に矛盾が出ることだってあるでしょう。

 

けど、5はどうしようもありません。

光学カメラ向けたら勝手に作動する火器レーダーってどんな超技術なんでしょう。

何センサーでしょうね。

 

 

次に6ですが、人のふんどしを数針縫ってドヤ顔ですよ。

 

 

んもう馬鹿。

 

 

 

 

冷静に羅列するとここまで無茶苦茶だとは思いませんでした。

 

同盟国にこんな対応をして、国際的な評価が保たれると本気で考えてるんですかね?

 

 

 

 

 


まとめ

 

一説には”瀬取り”だったのではとの憶測もあります。

瀬取りとは、海上で荷を積み替える事。

つまり北朝鮮と韓国のなんらかのイリーガル(不法)な取引だったのではないかと。

 

いかにもありそうですね。

そもそも北朝鮮籍の船が出したと言われる救難信号を海上自衛隊の艦船は受信していません。

距離的に日本が受信してなくて韓国が受信していいるなんてことは考えづらいですから。

 

もし、韓国が北朝鮮になんらかの支援をしているとしたら国連決議違反となり韓国の立場が苦しくなります。

 

そうなったらなったで南北統一が急加速するでしょうからそこまで悪い話じゃないんでしょうが、ともに枢軸入り待ったなし。

それは韓国も認めるわけにはいかないのでしょう。

 

統一への条件は北朝鮮が国際的な立場の正常化が最低条件でしょうからね。

 

そんな日が来るとはとても思えない私が居ます。

 

 

 

私の感想ですが、

この問題、日本としての厳しく批判するという当初の対応は、パフォーマンスではあるかも知れませんがある程度達成されているので、このまま韓国が言い訳し続けてなんとなく有耶無耶の内に立ち消えてしまいそうな予感がしています。

 

国益に反して日本に謝罪するなんて、韓国にはとてもじゃないですができないでしょう。

国民感情的にも、文大統領的にも。

 

なら嘘でも思い付きでも反論するしかなくて、日本はその様をしっかり国際社会に見せつけてくれればある程度の目的は達成されてるワケです。

 

ならば長期化させて摩擦に発展させるよりも、有耶無耶にして観光資源と貿易相手としたほうが国益に叶うのは道理です。

 

 

 

しかし、ここまで公の場でやり合っておいて「高度な政治的判断」の一言で収束してしまうのは国民を置き去りにしすぎな感もありモヤモヤしますよね。

 

是非なんらかの決着を見たいものです。

 

 


 

皆さん福袋は購入されましたか?

 

私は福袋にはあまり興味ないのですが、Youtubeとかで”こんなに入って5千円!”とか見ると買いたくなちゃいますよね。

 

でもたぶん、5回買ったとしても本当に自分にとってその価値を超えたと言えるのは一つくらいだと思うんです。

 

だって欲しくないものが混ざってたらその価値は0じゃないですか。

潜在的な価値は残存してますが、今使えなければ不使用資産でしかなく、不要資産であれば捨てるだけで、現在の評価額は0なのです。

 

転売すればとの意見もあるでしょうが、その手間は他の活動に使いたいと思ってしまうんですよね。

 

限られた人生、時間の使い方だけは自分で選びたいものです。

 

 

 

今回はこのへんで。

 

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

ニュース速報カテゴリの最新記事