レーダー照射問題 続報

レーダー照射問題 続報

 

月曜のけだるさよこんにちは!

 

今日も今日とて週明けと戦うサラリーマンですよ。

 

日課となったニュース漁りをしてたのですが、特に物申したい案件は見つからなかったのですが、ひとつだけ気になりました。

 

 

レーダー照射問題について、防衛相が最後のカードを切ったようです。

広告
sponsored link

 

 


レーダー照射“音”公開し協議打ち切り…日本側「最終見解」も韓国側「謝罪促す」

 

防衛相が連続した音を公開しました。

 

韓国側の主張する探査レーダーであれば360度をレーダー発信装置が回転し、受信した側の音は断続的に聞こえるはずです。

 

追跡し照射しつづける火器管制レーダーだからこそ、聞こえる音が連続するらしいですよ。

 

 

確かに、これだけ言葉と証拠を尽くしても韓国の国民感情的に謝罪できないのであれば不毛ですね。

 

 

 

 

ただ、言葉を重ねることは辞めても忘れる事はあっちゃいけないと思うんです。

 

 

海上自衛隊のストレスや恐怖。

 

戦争状態へ突入するリスクすらありました。

 

日本の批判は当然の行動と言えます。

 

それに対する反応はまぁ想像の通りでしたが。

 

 

 

あれが国家として批判に対する態度でしょうか。

 

事実をなかったと言い張り、あまつさえ批判してくる。

 

国民が嫌いではないのですが、どうしようもない国としか言えません。

 

国家としてみたときに最悪の隣人だと思います。

 

 

口は閉じても忘れてなんてやらない。

 

個人的にはもっと過激に批判するべきだと思うのですが恥をさらして同レベルまで下がるのも業腹です。

 

言うべきことを言ったのならここは口を閉じるべきなんでしょう。

広告
sponsored link

 

 

 

本当に嫌になります。

 

日本は韓国みたいになかったことを言いふらしたりしません。

 

歴史的事実なんだったらいくらでも証拠が出てきて反論できないようにしてください。

 

ああもうイライラする。

 

 

 

今回はここまでにします。

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

ニュース速報カテゴリの最新記事