リベラルというか輩

リベラルというか輩

 

 

一週間の始まりですねこんにちは!

 

 

休日のなんと短い事でしょうか。

 

 

とは言え、働かなければ自分ひとりすら養えないのも現実です。

 

 

仕事があることに感謝するべきなんでしょうね。

広告
sponsored link

 

 

同志達よ。

 

いやいやでも頑張っていきましょう。

 

 

 


[寄稿]国が壊れる時

 

 

山口二郎という方ご存知ですか?

 

法政大教授だそうです。

 

その方がハンギョレ新聞という、韓国のニュースを日本語に翻訳して配信する新聞社へ寄稿されたそうです。

 

 

少し紹介します。

 

 

(前略)

財務省が公文書を改竄していたことが明らかになった。また、財務省の幹部職員が国会で虚偽答弁をしていたことも明らかとなった。

日本の行政は虚偽や捏造を容認するという点で、かつてないほど腐敗している。

(中略)

キリストの父母、ヨセフとマリアがベツレヘムに行ったのも、国勢調査のためだった。つまり、正確な統計を取ることは、民主主義以前の国家の土台である。

(中略)

安倍政権の経済政策、アベノミクスの成功を訴えるために統計データが恣意的に書き換えられているという疑惑は一層深まっている。

 ことほど左様に、日本は近代国家としての実質を失いつつある。

(中略)

中国や韓国に対しては領土紛争に関して強硬な主張をする一方、ロシアに対しては主権を放棄するならば、もはや外交とは言えない。安倍首相の「やったふり」外交はもはや限界に達している。

 

 

 

どう思われますか?

 

私はこれを読んで、どうしようもなさが隣国にそっくりだと思いました。

 

 

 

日本は常に腐敗してると信じていている謎姿勢。

 

あまりにも唐突で無理矢理な偉人の引用。

 

疑惑、陰謀論。

 

近代国家の実質を失うとか謎の自分理論の押し付け。

 

国家の運営を写真みたいに瞬間を切り取ってほれみたことかと責める幼稚な姿勢。

 

溜息しか出ません。

 

 

 

 

ニュース漁りを日課にしていると、この手のリベラルな方々の記事っていうのが混ざりこんできて少なからずストレスになっているなぁと気づいてはいたんです。

 

なのであえて完全スルーしてたんですが、この人の記事読んでからウィキペディアとかで調べ出したら止まらなくなっちゃいました。

広告
sponsored link

 

んもうどうしようもなく亡国のリベラルさんですね。

 

 

 

というかですね、そんなにほいほい様々な事を変えられても困るんですよ。

 

どう考えても政権は安定してるほうが良いし、日本の運営もお金も日本人が主体となって日本人の為に行われるべきだと思うんです。

 

無理な国際化や、国益を損なう外交なんて百害ありとしか思えません。

 

無茶苦茶言ってかき回さないでいただきたい。

 

 

 

今韓国は閉められた対話という窓をガンガン叩いてる最中ですよね。

 

どうか外交筋はその窓を閉めたままで内側からレーザーポインタで嫌がらせしていただきたい。

 

周辺国には丁寧に説明して理解してもらうのと並行して、しつこく嫌がらせしていただきたい。

 

 

 

別に喧嘩したいワケではないですけど、喧嘩売られた相手に頭を下げるわけにはいかないでしょう。

 

身内まで馬鹿にされる事態だけは避けないと。

 

 

愛すべき日本でありつづけて欲しものです。

 

 

 

 

 

今回はここまでにします。

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

ニュース速報カテゴリの最新記事