女性の胸触る 強制わいせつ容疑で医師逮捕

女性の胸触る 強制わいせつ容疑で医師逮捕

 

 

昼夜の温度差にどうにかなっちゃいますねこんにちは!

 

 

昼間はあったかいのに夜は寒風吹き荒れててキレそうです。

 

 

さて今回のタイトル見てどう思いますか?

 

私はこれ見て「は?普通のことじゃないの?」と思いました。

広告
sponsored link

 

 

 


女性の胸触る 強制わいせつ容疑で医師逮捕

 

院長を務める内科医院で女性(33)の胸を触ったとして、兵庫県警西宮署は5日、強制わいせつの疑いで、同県西宮市松生町、医師、岡崎賢治容疑者(50)を逮捕した。「触っていない」と容疑を否認している。

 逮捕容疑は1日午後1時から1時15分ごろまで、同市山口町上山口の内科医院で、女性の胸を後ろから触るわいせつ行為をしたとしている。

 同署によると、4日午後に岡崎容疑者から「院内で女性の関係者と口論になっている」と110番があり、事情を聴いていた。

産経新聞

 

 

ここ数年、この手のわいせつ行為トラブルが増えてきている気がします。

 

 

今回の件では内科医と患者ですので、医者側に患者の胸部を診察するに相当な理由があれば特に問題ないのではないかと思うのですが患者は何を主張しているのか謎です。

 

行為の必要性、事前の了承、この辺に勘違いがあってもめてるとかならまだ平和で、営業妨害や冤罪ビジネスだとしたら怖いことですね。

 

店舗を持つ最大のリスクは店舗に縛られることだと思うんです。

 

店舗に縛られると地域との関係性にも気を使わなくてはならないし、悪いヤツに目を付けられただけで人生をかけた商売があっけなくダメになったりよくある話です。

 

 

 

2018年に処分された医師

 

【2018年9月19日の行政処分の内容】
人数:医師7人、歯科医師4人
処分期間
免許停止:医師0人、歯科医師1人
業務停止3年:医師0人、歯科医師1人
業務停止2年:医師0人、歯科医師1人
業務停止1年6月:医師1人、歯科医師1人
業務停止8月:医師1人、歯科医師0人
業務停止4月:医師5人、歯科医師0人
…………………………………………
厳重注意:医師2人、歯科医師4人

免許取消は男性歯科医師1人のみ。「患者等に対して歯科治療を装ってわいせつな行為をしようと考え、クリニック診察室において、次の各犯行(計3人)に及び、もってそれぞれ抗拒不能に乗じてわいせつな行為をした」とされ、準強制わいせつ罪で、懲役3年の有罪判決を受けた。

医療維新より

 

意外と少ないと感じませんか?

 

上記の取り消しの人の件は、薬をかがせるなどした上での昏睡レイプってヤツですね。

 

「どっかで見たAV?」と思ったもんですが実際にやってしまう人が居るんですね。

 

馬鹿としか言いようがありません。

 

 

他も見てみると一番多いのが交通違反で、次が覚せい剤等違法麻薬となっています。

 

こやってみてみると一般人と大差ないんじゃないかと思いますね。

 

 

ただ、医師は病院内に限れば大きな裁量権があり、よっぽど明確に法を犯さないと罪に問うことが難しいのは事実です。

 

いくら人の命や健康を扱っている当人もただの人なのですから、いつまでも謙虚な気持ちを忘れずにまっとうな人であってほしいものですね。

 

そう、たとえば近所に「まっとうな医者」が居ればそれだけで十分なんです。

 

それだけで住民も幸せだし、本人も誇りをもって生きているだろうにと思わずにはいられません。

 

 

 

医師で経済力も名誉もあるんだからといって犯罪に手を染めれば、捕まるか見捨てられるか脅されるか。どれかです。

広告
sponsored link

 

一時の誘惑に負けて将来訪れる幸せを丸めて捨てるなんてもったいないことは辞めましょうよ。

 

誘惑に負ける心が一番の敵じゃなかろうか。

 

 

 

今回はこのへんにします。

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

 

ニュース速報カテゴリの最新記事