「たたかれた」小学生2人が親からの暴力を通報→それぞれ逮捕 兵庫県加古川市

「たたかれた」小学生2人が親からの暴力を通報→それぞれ逮捕 兵庫県加古川市

 

 

週のど真ん中からこんにちは!

 

まだ水曜日ですって。

 

あまりの眠気に”そんなバカな”と思いますが、

 

馬鹿なのは私のようです。

広告
sponsored link

 

カレンダー嘘つかない。

 

 

 

 


「たたかれた」小学生2人が親からの暴力を通報→それぞれ逮捕 兵庫県加古川市

 

 

兵庫県加古川市内で2月5日、小学生が親から暴力を受けたと訴えて親が逮捕される事件が2件あった。

兵庫県加古川警察署によると、小学4年の三男(10)への暴行容疑で建設業(自称)の父親を逮捕した。父親は1月31日午後10時ごろ、三男の脇腹を拳で複数回殴り、水筒などを投げつけ、髪の毛を掴んで棚に打ち付けたという。「宿題が終わらず腹が立った」と容疑を認めている。

三男が2月4日、小学校の担任教師に「お父さんに殴られた」と訴え、学校が市に通報した。翌5日に児童相談所からの通報を受け、加古川署が父親を逮捕した。

(中略)

加古川署によると、5日午前7時13分、小学3年の次女(9)が自宅の固定電話から「お母さんによくたたかれる」と110番通報した。母娘を任意同行して事情を聞くと、次女が「学校に行きたくないと言ったら昨日叩かれた。今日は叩かれていない」と説明したという。

母親も認めたため、逮捕した。次女に目立った外傷はないが、児相が一時保護している。現時点で釈放の予定はなく、日常的に暴力がなかったか調べるという。

(中略)

「千葉の事件に関係なく、親に暴力を振るわれたという子どもの訴えがあれば、加古川署は総合的に判断して逮捕しますよ。お子さんを叩かないでくださいね」

中村かさね / ハフポスト日本版

 

 

 

虐待は勿論あってはいけないことだとおもうし、過剰な体罰も害でしかないでしょう。

 

そして精神的に未熟な親が多く、衝動的に手が出てしまう事もあり、いつしかエスカレートして虐待が常態化してしまうことを防ぎたい。

 

それは理解できるのです。

 

ですが、親を逮捕は絶対に適切ではないと思います。

 

 

 

知恵を付けた子供が親を脅すなんて健全な家族と言えるのでしょうか。

 

子供はその素直さで、自分の欲求を満たすための手段にタブーなどありません。

 

瞬間的に問題が解決されるならと後先考えずに衝動的に行動してしまうことが良くあります。

 

それがどこを探しても無い時、あきらめを学ぶと思うんです。

 

 

 

「ダメなことはダメなんだ」と”わがままをあきらめる”というのは社会性の根幹の部分ですよね。

 

それすら教えることができずに、結果「叩かれたら児相へ」と短絡的に考える子供は、この状況だと居て当たり前だと思うんです。

 

虐待への対処を優先しすぎて教育や家族の絆を無視してるんじゃないかと考えてしまいます。

 

 

 

例えば自分の子供がサムネイルみたいになっちゃったとき、手を出さず根気よく言い聞かせて更生させるなんて到底可能とは思えません。

 

まず相手がこちらの話を根気よく聞くという前提が守られる気がしません。

 

閉じ込めたら”監禁だ!児相へtellだ”となり、親は逮捕されるワケです。

 

 

 

 

社会的に逮捕というのは軽くありませんよね。

広告
sponsored link

 

会社にその情報が渡ればと考えてみてください。

 

こどもと話すためにカギを締めて出れないようにした、という事実のみで子供に通報され逮捕されましたと説明して会社はどう受け取るでしょうか。

 

”家庭に問題があり、地域社会を騒がす厄介者”くらいの評価でしょう。

 

こんな評価を受けた人がコツコツがんばって出世できる会社があるなら教えてほしいくらいです。

 

でも考えてみると、この親の責任は”子供がグレた”という一事のみ。

 

それだけで正当な評価を受けれなくなり、一生影響を受ける事が正当な罪科だとは、とても納得できるものではありません。

 

 

 

 

どんな教育をしたって環境や友達で子供の自我はいくらでも変化します。

 

それをコントロールするなんて、どんな良好な家庭でもサラリーマンには不可能に思えます。

 

成功したとしてもタマタマとしか思えません。

 

 

 

さて、この方針は、親であるというだけで子供に通報され逮捕されるというリスクが発生していることになります。

 

親は子供を教育する責を負い、体罰は決して行わず、いかなる子供の行動の結果の責任も負わなければならない。

 

これで少子化対策がどうとか言える神経はどうかしてます。

 

コントロールの効かない激ムズ育成ゲームを自らすすんで取り掛かるドMしか子供作れないじゃないですか。

 

日本人総ドM化。

 

凄いパワーワードですね。

 

 

んなわきゃない。

 

 

 

 


 

とにかく、今回の加古川署の判断は間違っていると思います。

 

今まで多少のことは”家族の問題不介入”を決め込んできたのに掌返しが過ぎとも思いますし、この対応はやりすぎだと声を上げたい。

 

健全な家庭、親と子の関係性、教育の多様性も考慮していただきたい。

 

たしかに虐待は減らしたいし無くしたいですが、当てはまらない多くの良好な家庭に悪影響が出るのは間違いとしか思えません。

 

 どうかご一考を。

 

 

 

今回はこのへんにします。

 

 

 

では。

 

 

 

 

 

 

ニュース速報カテゴリの最新記事