新たな判例2件

新たな判例2件

 

 

お疲れちゃんですこんにちは!

 

 

いやいやお疲れちゃんですよホントに。

 

 

週明けから残業地獄にすっぽり首まではまってます。

 

 

ところで今日は今までの罪の意識を少し変える判例を2件キャッチしましたのでご紹介。

広告
sponsored link

 

 

 


大津中2いじめ事件、元同級生側に約3700万円の賠償命じる 地裁が判決「いじめが自殺の原因」

 

こんな先生が担任だったらそりゃ絶望しそうだなぁと思います。

 

大津市で2011年10月、中学2年の男子生徒=当時(15)=が自殺したのは元同級生によるいじめが原因として、遺族が元同級生3人と保護者に計3800万円の損害賠償を求めた訴訟で、大津地裁(西岡繁靖裁判長)は19日、元同級生2人に約3700万円の賠償を命じる判決を言い渡した。

西岡裁判長は「いじめが自殺の原因で、予見可能性はあった」と述べた。もう一人の同級生について判決は、「一体となって関与していたとまではいえない」として、賠償を命じなかった。

(中略)

訴訟は、遺族が12年2月、大津市や元同級生3人、保護者を相手取り、計約7700万円の損害賠償を求めて提訴。当初、市側は争う姿勢を示したが、後に自殺との因果関係や過失責任を認めたため、15年に和解が成立している。
 大津いじめ事件は、いじめの問題を社会に広く投げかけ、学校に常設の対策組織を置くことを明記した「いじめ防止対策推進法」が成立するきっかけとなった。

京都新聞

 

 

いじめを行うことに対する抑止力に期待できるかもしれない判例が出ました。

 

まぁ制裁が厳しくなってもやる子はやるでしょうし、かえって巧妙で陰湿になっていくのは間違いないでしょうが、目に見える小さないじめは減るかもしれません。

 

 

いじめた側の親はびっくりしてることでしょう。

 

裁判費用も考えると1家庭1900万の支払いになります。

 

 

学校の中の子供同士の出来事で、しかも自分は何ら関わりのない場所のできごとでまさかと思うかもしれませんがそこは親の責任という一言。

 

ひとりの人間を自殺に追い込んだ罪の金額として高いのか安いのか。

 

悩ましいところ。

 

 

 

今いじめられている方は、しっかり証拠そろえて爪を研ぎましょう。

 

 

苦しんだ分だけ搾り取って幸せになって良いんですよ!

 

 

 


不倫相手には請求できず=離婚の慰謝料、初判断-最高裁

 

 

配偶者の不倫が原因で離婚した場合、不倫相手に離婚に対する慰謝料を請求できるかが争われた訴訟の上告審判決で、最高裁第3小法廷(宮崎裕子裁判長)は19日、「特段の事情がない限り、請求できない」との初判断を示した。

 

 争いになったのは、離婚による精神的苦痛の慰謝料。

不倫行為自体に対する慰謝料は、行為を知った日から3年以内であれば、配偶者と不倫相手双方に請求できる。
 第3小法廷は判決で、「離婚は本来、夫婦間で決められるべき事柄で、離婚させたことの責任を不倫相手が直ちに負うことはない」と指摘。

不倫相手に離婚の慰謝料を請求できるのは、「離婚させることを意図し、夫婦間に不当な干渉をした場合」に限られるとした。
 その上で、不倫相手に慰謝料など198万円の賠償を命じた一、二審判決を取り消し、原告側の請求を棄却した。

 

 

そもそも相手が婚姻関係にあると知らずに不倫関係にあったと証明できるなら多くの場合不倫相手を罰することは難しいと聞きます。

 

なのですが、不倫を行って引き際を見失うような人は得てして身近な相手を求めがちです。

 

例えば結婚していると容易に知ることができる職場なんかがありがちですよね。

 

であれば言い逃れが難しく会社も知られていることからまとめて地獄に叩き落されるなんて誰も幸せにならない話をたまに聞いたものですが、今回の判例で少し様子が変わる可能性がでてきました。

 

不倫に対する慰謝料請求は3年以内であれば可能なのは変わらないのですが、離婚に至った事に対する慰謝料は請求できないという判例なワケです。

 

今までは不倫に足する慰謝料+離婚の原因としての慰謝料がダブルで課せられて膨大な額になっていたのが、今後は不倫の慰謝料のみで済んでしまうようになる可能性が出てきました。

広告
sponsored link

 

不倫相手の支払うべき額が大幅に減ったということです。

 

言われてみれば確かにですね。

 

不倫されたほうは恨みつらみで結婚相手も不倫相手もできるだけ辛い目にあってほしいと思うのでしょうが、離婚関係の解消というのは本来夫婦の問題であり、妻が不貞を行ったから離婚するワケであって、そのこと自体に不倫相手は関係ない。

 

不倫相手が居るから離婚するという論理であれば、不倫関係が現在解消されていれば関係を継続できるという結論が生まれてしまうんです。

 

不倫をした結婚相手と関係を継続できないから離婚するのであって、そこに不倫相手の行為は直接関係ない。

 

であれば、不貞を行わせてしまったことに慰謝料は払うべきですが、その先の夫婦関係の破綻に関して不倫相手は責任を負わないという事になります。

 

 

なんだか小難しい論理ですね。

 

私なんかはついつい「悪いヤツはみーんなシケイっ☆」とか考えちゃうんですが、まぁそうもいかないのは理解できますし、罪を罪として受け止めて一生背負っていける人ならやり直す機会を与えるのにやぶさかではありません。

 

 

再犯を繰り返すヤツはやっぱりシケイっ☆と思いますけどね。

 

 

 

 

 


 

 

さてインフルも落ち着きましたがB型もチラホラ出始めていますのでまだまだ気を引き締めてマスクなどで予防していきましょう。

 

風邪も引きたくないですもんね。

 

花粉も舞い始めているので花粉症の方はお薬の準備が必要ですよね?

 

 

 

今回はこのへんにします。

 

 

では。

 

 

 

 

ニュース速報カテゴリの最新記事