わいせつ罪に問われた外科医に無罪判決

わいせつ罪に問われた外科医に無罪判決

 

 

眠い目をこすりながらこんにちは!

 

 

急に暖かくなった影響か、妙に眠いです。

 

 

午前中から眠いのはなぜなのでしょう。

 

多分家についてからやりたいことが多すぎてついつい睡眠時間削っちゃうからでしょう。

広告
sponsored link

 

わかっちゃいるけど辞められない!

 

 

 

 


乳腺外科医のわいせつ事件はあったのか?

 

 

手術直後の女性の胸をなめたなどとして、40代の乳腺外科医が準強制わいせつ罪に問われていた事件。東京地裁(大川隆男裁判長)は20日の判決で、外科医を無罪とした。

 本件では、2016年5月10日に東京都足立区内の病院で、右胸の腫瘍を切除する手術を受けた30代女性患者のA子さんが、病室に戻ってから、医師に左胸をなめられたなどして被害を訴えている。

一方、外科医は一貫してわいせつ行為を否認し、無実を訴えてきた。

(中略)

検察は、被告人のDNAが含まれる唾液及び口腔内細胞が検出された、と主張。

鑑定を行った研究員は経験豊富で知識や技術、技量は充分などと鑑定の信用性を強調し、被害を訴えるA子さんの証言も信用性が高いとして、医師に懲役3年を求刑していた。

 一方の弁護側は、科捜研がDNA鑑定の際のデータやDNA抽出液の残りが廃棄していることなどから、「鑑定には客観的裏付けも再現性もなく、科学的信頼性がない」と信用性を否定。

唾液やDNAは、手術前の触診や他の医師と術式を検討した際など付着する機会があった、としてきた。

 さらに弁護側は、病室は4人部屋で当日は満床だったうえ、看護師らが頻繁に出入りしていたことなどから「事件は状況的にありえない」と主張。

専門家証人が、A子さんの被害の訴えについて、「麻酔の影響による『せん妄』の可能性がある」と証言していた。

 外科医は最終意見陳述で、「患者さんの安全はもちろん、医療者側の安全も守られる必要があります。公明正大な判断を望みます」と訴えていた。

江川紹子  

 

 

 

仕事で毎日いくつもの乳房を触れたり取ったりしてる乳腺専門医がこんなことしますかね?

 

個人的には慰謝料目当てか富裕層憎しの自己中心的な動機じゃないのかなぁと思って調べ始めたのです。

 

が。

 

この記事のジャーナリストの方が判決の前から事件の背景を詳しく記事にしてるので読んでみたのですが、せん妄というヤツなのかなと考えなおされました。

 

せん妄って何かというと、今回のは術後せん妄と呼ばれるものです。

 

術後せん妄とは、手術をきっかけにしておこる精神障害で、手術の後いったん平静になった患者さんが1~3日たってから、急激に錯乱、幻覚、妄想状態をおこし、1週間前後続いて次第に落ち着いていくという特異な経過をとる病態をいいます。

 高齢の方に起こりやすく、術後の回復期に起こるため、術後の看護、ケアーの妨げになります。

一度発症すると、生命維持に重要な管を抜いてしまう、夜間大声を上げて暴れるなど、看護スタッフによるケアーが困難になり、周囲の患者さんにも迷惑がかかります。

さらに転倒・転落の危険も増大し、術後の大きな問題となってきます。

 

 

錯乱、厳格、妄想状態ですって。

 

なんとなくわからなくはないですが、怖いですね。

 

 

まっとうなお医者さんには頭が下がります。

 

自分が助けるために施術し、助けた患者に訴えられる。

そんな危険すら呑み込んで医者をやってるんですから。

 

こんな職業に簡単になれるワケないですね。

 

 

 

最初に通報した友人というのもこれで知ったのではないでしょうか。

 

病院内の出来事で医者を疑うというリスクの大きさを。

 

 

友人は信じても、あくまで正常な状態でのみ信じてあげてください。

 

そもそもLINEの話だけで通報というのは早まったと言えるのではないでしょうか。

広告
sponsored link

 

LINEでは錯乱してても幻覚見ててもわからないですもんね。

 

 

 

 


 

 

詳しい経緯を読むまでは「またエロ医師かー」くらいに思ってたのですが、見事に逆の感想を持ちました。

 

まともな医師はこういう冤罪からは守られるべきだと思いますし、ガチのエロヤブ医者はさっさと自爆して消えて欲しいと思います。

 

羨ましいからじゃないですよ?

 

 

色んなおっぱいを毎日触れるのってどんな気分なんでしょうね?

いや、別に羨ましくなんてないし。

 

いやほんと。

 

 

おっぱい・・・。

 

 

ヤバミが出てきてしまいましたので今回はこのへんで。

 

 

では。

 

 

 

 

 

ニュース速報カテゴリの最新記事