今日のニュースピックアップ

ヤバT 変態セブン ボルテックスリング CONSEPTION PLUS

 

 

情報化社会の恩恵を全身に浴びながらこんにちは!

 

今日も今日とてニュースを流し読みしつつアンテナにひかっかったものを記事にしていきたいと思います。

 

まずはこちら

 


男女3人組バンド「ヤバT」紅白出場も 「見たいアーティスト」男性部門で断然1位

広告
sponsored link

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180921-00000056-spnannex-ent

 

ヤバTってそんなに世間的にも認知されてるんですね。

ビックリしました。

さすが日本一成功したサークルバンド。

お見事です。

 

紅白で真剣な悪ふざけを見たいと思う人がこんなにも多いってことはすごい事だと思います。

ちなみに私はベースの子がこのバンドの魅力の60%だと思ってます。

 

 

 

 


次はこちら

 

「変態セブン」と呼ばれるセブンイレブン足利芳町店(栃木県)、オーナー店長に数々の余罪か。バイト店員にセクハラも

http://blog.livedoor.jp/ninji/archives/52477012.html

 

まぁありがちっちゃぁありがちなんですが、このフーレズの響きがすごくいいと思います。

ぶっちゃけこの語感だけで扱ってしまった自覚はあります。

 

変態セブン

 

ヤバくないですか?

「サラリーマンは仮の姿・・・この街に危機が迫ったとき、7人の戦士がその殻を脱ぎ捨てて颯爽と立ち上がる!!

 

街の平和を影で守ってきた彼らの名を呼ぼう・・

広告
sponsored link

 

 

変態セブーーーンンンン!!!

 

 

 

ヤバイ//

 

 

 

 


 

お次はこちら

 

 

こりゃなんだろ?と思いながら調べていくとちょっと面白かったので紹介します。

 

こちらボルテックスリングと言うものらしいです。

自然現象として見られる場合は、主に爆発やヘリコプターのローターが作り出す気流の一種。

 

よくテレビで空気砲とかありますよね?煙を打ち出すヤツ。

もしくはタバコのわっか。

あれと原理はほぼ一緒です。

わっかの形で空気が渦巻いてただよっているだけです。

 

なのですが、一昔前に米軍のヘリコプターでオスプレイが事故を起こして大騒ぎになったのを覚えていますか?

 

あれの大きな要因になったのがこの現象とのことでした。

 

オスプレイは2機のローターの角度を変えてヘリコプターとレシプロ機の特徴を備えた夢の機体でした。

ですが、ヘリコプターとしての安全性能が低いのです。

 

特に2枚ローターであることでこのボルテックスリングが発生しやすく、

この現象が起こるとローターが揚力を維持できなくなり墜落します。

これをボルテックス・リング・ステート

またはセットリング・ウィズ・パワーと言うらしいです。

 

なぜ落ちるのか?

それは簡単に言うと、ローターが空気を押し下げる力と、空気を吸い込む力によって気流があのわっかの形になり、ローターが押し下げるよりも早く気流が吸い込まれることにより空気を掴めなくなってしまうのです。

安全運転中はまずならないのですが、ローターの上の空気密度が急激に下がると起こる現象です。

 

どんな時に空気密度が急激に下がるのか?

下降速度や急旋回の限界速度の超過です。

映画なんかでもよく見るブラックホークは特にこの限界速度にかなり余裕をもった数値になっていますが、このオスプレイはほとんど余裕なく前述のブラックホークと同じ数値になっています。

 

なのですが安全装置がついているのでもなく、パイロットの危機意識だけでコントロールされているので、事故を起こすまで危険視されませんでした。

 

これは米軍の開発の大人の事情です。

 

ただでさえ2機ローターでローター間の気流が過流状態になりやすいのに、訓練で普通のヘリコプターのように多少無理な旋回と下降を行えばそりゃぁ空気が渦巻いて通気を掴めなくなって落ちるってもんです。

 

一つ勉強になりましたね?

 

FPSというかシュミレーターのARMA3あたりでもこの現象が再現できるらしいですよ。

 

ちょっと興味深いですよね。

 

 

 

 


 

さて最後はゲーム界の革命家SPIKE CHUNSOFTのPS4リニューアル移植作品

 

CONSEPTION PLUS 俺の子供を産んでくれ!

https://www.spike-chunsoft.co.jp/conception_plus/

 

 

是非このサイト見てみてください。

埋め込みもできますがあえてしません。

 

このゲームにとってのとても大事な部分をきっちり盛り上げて楽しませようとする非常に質の高いサイトだと思います。

 

子孫を残す欲求、そして子供を育てて親である自分と共闘し悪を撲滅する。

このサイトでは前半の子供を作る事に焦点を当てたちょい興奮する作りとなっていますが、真の楽しみは子供との共闘であることは間違いありません。

 

12人の中から選んだある意味理想の相手と絆を深め子供を授かり育て、

そして愛する子供と共通の敵に立ち向かうのです。

こんなにたぎるシチュエーションはそうないでしょう。

俺の屍を超えていけ に自分の分身を足して血族ではなく家族単位で戦うかのような。

 

これ女性のほうが盛り上がるかもしれません。

 

愛情深い女性ならたぶん子供を守ろうと自分の分身の主人公ばかり見殺しにしてしまったりするでしょう。

 

「私は死んでもいいから生きて・・そして私の分まで幸せに・・・ああ!タケシまでぇぇ!」

 

とか。

 

シュール。

 

でも心から震えるような楽しみに出会えるような気もします。

 

男性諸君であれば公式サイトを見たらつぶやいてしまうでしょう。

出したい

作りたい

 

 

ちょっと欲しくなりませんか?

 

 


 

 

以上!

 

 

楽しんでいただけたらブックマークをどうぞ。

 

 

では。

 

 

 

 

ニュース速報カテゴリの最新記事