東名高速死傷事件

東名高速死傷事件

 

 

安全運転で無事に帰ってきましたよこんにちは!

 

 

さて、

車の運転は困難なものです。

プロドライバーでさえ一瞬の判断ミスで命を失うことさえある危険な行為なのはいまさら言うまでもないですよね。

広告
sponsored link

 

去年の2017年6月に東名高速静岡付近でおきた夫婦の死傷事件を覚えてらっしゃる方も多いかと思います。

 

簡単に概要だけ箇条書きしましょうか。

 

  1. 加害者が道路を塞ぐように枠外に駐車していたのを被害者が注意
  2. 被害者らが高速道路に入ると約1・4キロの間、邪魔をするように走行してきて前を遮った
  3. 被害者らがやむなく止まると、男性と女性が出てきて、注意されたことについて抗議
  4. 被害者である父親を引きずり出そうとし、高速道路上で口論をする
  5. ワゴン車にトラックが追突し、両親は死亡。加害者の知り合いである女性も重傷を負った

 

 

あおり運転を行った者とその対象者が高速道路上で口論となり、トラックが突っ込んで来て複数の死傷者が出てしまった事件です。

大きく報道され、あおり運転や危険運転といった言葉が広く社会に認知されるきっかけとなった件でした。

 

 

その2次被害と続報がありますので記事にしたいと思います。

 

 

 

容疑者の会社のデマを書き込んだ11人書類送検

 

先に二次被害です。

 

 

 

事件後の10月、5chに容疑者の会社としてデマが書き込まれました。

 

被害に遭ったのは福岡県北九州市にある「石橋建設工業」とその関係者。

事故を起こした容疑者の名字が企業名と共通していたことや、容疑者の生活圏が企業所在地とある程度合致したことで、各種掲示板やSNS上などで石橋建設工業を「容疑者の勤め先」などと断定する書き込みが拡散。

さらに一部のまとめサイト(キュレーションサイト)もデマを助長する記事を作成したことで、さらにデマが拡散しました(関連記事)。

 

これにより被害会社社長が被害届を提出し、警察が書き込みを行ったものを特定し書類送検したそうです。

 

しかし被害を受けた会社社長は書類送検では満足できず、民事訴訟をしたい構え。

さらに、これ以外にも転載し拡散を補助した人間も、特定できしだい民事訴訟を起こしたいとのこと。

おこですね。

ぷんぷんですよコレ。

 

 

やったもん勝ちは私も嫌いですが、そこまで苦労してやることでもない気がして気がかりです。

数人を裁いて反省させたところで野次馬根性たくましいネット住民を懲らしめることができるとはとても思えません。

それすらネタにして遊んでしまうんじゃないでしょうか。

 

 

 

 


東名高速死傷事件の容疑者を待つ“1億円超自腹”の償い

 

続報です。

広告
sponsored link

 

 

▼記事によると…

・過失運転致死傷罪で逮捕された石橋和歩容疑者(25)は、有罪の場合、7年以下の懲役もしくは禁錮、または100万円以下の罰金

・弁護士の篠原一廣氏によると、ワゴン車を止めた容疑者とトラック運転手の両方に賠償が請求される可能性もあるという

・賠償額は何歳まで働くかという前提をもとに算出され、娘さんの目の前でご両親が死亡した悲惨な事故ということもあり、容疑者には1億円超の支払いが命じられることも考えられる

 

 

 

 

ネットの反応

 

 

・こんな奴は徹底的に追い詰めて良い。払うべきものはしっかりと払ってもらうべき

 

・こんなDQNな奴が軽い刑で済むのは許せない。極刑でも足りないくらいだ。犯人が払えないなら一族全員で償えよ。

 

・返済の為にまた当たり屋をする

 

・どうせ自己破産で免れるんだろうな

 

・どこまでも胸糞悪い話だな

 

・賠償金はともかく、長くても7年で出てきちゃうのかよ…許せないな(#・∀・)

 

・トラックの運転手は、いわば巻きぞえなのに気の毒すぎる。

 

 

 

 

 

所感

 

 

おおむね同意です。

 

トラック運転手には多少の叙情酌量があることと思いますが、この加害者はしっかりと罪を償う義務があります。

 

行動の代償なんてのは小学校で学ぶことだと思いますよ。

当たり前のことを当たり前に。

 

請求した金額が、せめて残された家族にしっかり支払われることを願ってやみません。

 

 

 

皆様も事故には気を付けましょうね。

交通刑務所とか入りたくないでしょう?

 

いざ入ってみるととても温厚な人や普通の善良なサラリーマンばっかりだそうですよ。

 

それはかえって恐ろしい事です。

普通の善良な市民でも、ボタンを一つ掛け違えたくらいのミスで刑務所に入れられてしまうということですもの。

 

私も勤め先が交通事故には非常に厳しいので毎日気が気じゃありません。

 

休日にはできるだけ自分で運転したくないくらいです。

 

はやくリタイアして好きな車を好きに乗り回したいもんです。

 

 

皆様もくれぐれも安全運転を。

 

家族や恋人を泣かせちゃいけませんよ?

あなただけの体じゃないんです。

事故で人生だいなしにする為に生まれてきたんじゃないでしょう?

 

 

今回はこのへんで。

 

 

 

では。

 

 

 

 

ニュース速報カテゴリの最新記事